MMA総合調査事務所

盗聴器発見調査

知るはずの事実を他人が知っている…盗聴かも知れません

貴方のプライバシーは守られていますか?他人に私生活を覗かれる…考えるだけでもぞっとします。
もちろん本人の知らない所でインターネットにアップされていた!!なんて事も御座います。現在盗聴とは、大きく分けて2種類「間接盗聴」と「直接盗聴」に分けれらます。
『声の聞こえる範囲内にて聞き耳を立てる』『壁に耳(コップや聴診器)を当てる』『コンクリートマイク(壁にあてて部屋の内部の音を増幅させる装置)を使う』『望遠鏡やレンズを使い遠方から覗く』などの「直接盗聴」。室内及び室外に盗聴器と録音を一緒に併設しておく「間接盗聴」が御座います。
「間接盗聴」には『有線方式』盗聴受信機に配線を取り付け、録音機につなぐ方法や『無線方式』と言ってアナログ盗聴器やデジタル盗聴器を部屋の内部に仕掛け、録音内容を電波に変えてを送り、受信機を近く(半径500m以内)に設置する方法が御座います。

<< 前のページに戻る

運営

MMAコーポレーション
石川県金沢市藤江南2丁目1番地3
TEL:076-256-1237
(メールお問合せ24時間受付中)